グリーンスタイル パーティーにぴったりアレンジ

今朝のNHK「あさイチ」のコーナーで簡単に作れる花入れをやっていましたので早速作ってみました。
これはNHKの画像です。

e0128863_14180896.jpg


材料は色画用紙・両面テープ・チャック付きのポリ袋
作り方
   画用紙を縦長半分に折り、サイズに合わせて三つ折り・五つ折りに折り目をつける。
   折り目ごとに花を入れたければポリ袋を数だけ用意する(高さが画用紙の半分の高さに収まるほどの袋)
   画用紙を広げてまず四隅(ヘリより数ミリ内側に)に両面テープを貼り
横長の面に等間隔に四本のテープを貼る。
   袋をそれぞれの折目の面の部分に貼り画用紙を二つ折りにしてぴったり貼り付ける。
   それぞれの袋の中にティッシュを折りたたんで入れて、
ティッシュが濡れる程度に水を張って好きな花を挿す。

折りたたんでリボンで結べば、ブーケのように持ち運びも可能となる。

私のアレンジ作品です。材料があれば数分で作れます。
先ずは二つ作りました。

e0128863_14303568.jpg




庭の花を入れてみました。

e0128863_14313004.jpg


e0128863_14314473.jpg


いかがでしょう?!


[PR]

# by jugeme | 2016-12-02 14:32 | Trackback | Comments(2)

雪と紅葉

先日の高尾山では雪があちこちに残っていました。
土曜日とあって朝から電車も満員、リフトやケーブルも人であふれていました。
私たちはリフトを50分待って乗りました。
初めて見る展望台からの眺めは遠くまで見渡せて、よい体験になりました。
孫たちと猿山も見て楽しい一日となりました。
e0128863_15282004.jpg



e0128863_15293104.jpg




e0128863_15230683.jpg



e0128863_15243288.jpg

  

e0128863_15253479.jpg



e0128863_15272623.jpg



今野 敏 (著)海に消えた神々 を読んだ。
暇な時間に読もうと思って電子書籍にいれた本だったが、面白くてついついのめりこんで読んでしまった。

e0128863_15312057.jpg


高尾山をもっと見る~!
[PR]

# by jugeme | 2016-12-01 15:38 | Trackback | Comments(6)

トリックアート館

一週間東京に行っていました。
着いた翌早朝に震度3(体感は4)の地震があり、その後初雪にも見舞われ1週間の間に色々な体験をしました。
その間、祭日や休日が三日間あり、高尾山に行ったり、昭和記念公園に行ったり、友人や姉とも会って多忙な日々を送ってきました。

高尾山口にあるトリックアート館は初めての経験でしたが、絵画がまるで画面から飛び出した姿や平衡感覚がおかしくなる部屋や
それぞれが精巧に出来ていて、驚きを持って見てきました。

モデルは孫

e0128863_17043656.jpg




e0128863_17050256.jpg





これはどちらもアート

e0128863_17054653.jpg



e0128863_17070678.jpg




e0128863_17072465.jpg



[PR]

# by jugeme | 2016-11-29 17:07 | Trackback | Comments(8)

流響院

東山の麓にたたずむ南禅寺界隈別荘群。
その一つで、普段は非公開の真澄寺別院「流響院」の庭園を京都造形大・尼崎教授の解説で
庭園を巡る講座を受けてきました。

これとは別に春と秋に三日間だけ特別公開されるそうで特別公開ははがきでの抽選で20倍近いとか。
今回は40名ほどの参加でしたが、それは素晴らしい庭園で赤松と紅葉とドウダンツツジ、のコラボ、
その上東山がお庭から奥につながっていてとても見応えのある庭園でした。
ただ写真撮影は厳禁とのことで、流響院のHPからお借りしました。
e0128863_20295808.jpg




e0128863_20320644.jpg

<説明はネット参照>
流響院は近江出身の実業家で、南禅寺界隈の別荘地化に尽力した塚本与三次が1909年に建てた邸宅・
福地庵がその始まりです。
この福地庵はその後二つに分割され、一つは現在アパレル企業の大松が所有する清流亭となり、
もう一つは1925年に三菱財閥の4代目総帥・岩崎小弥太の別荘・巨陶庵になり、
その際に7代目小川治兵衛・保太郎親子がその池泉回遊式庭園を作庭しました。
太平洋戦争後の1945年に米軍に接収されて洋風に改築されたものの、
祇園祭の山鉾の綴織などを制作している龍村美術織物が1948年に取得し、織寶苑と名付けられました。
その後、2005年に東京に本拠を持つ宗教法人・真如苑に譲渡され、
2年半かけて大正時代の図面や写真を参考にして、
主屋や庭園を巨陶庵の時の形に修復し、2009年に流響院として完成し現在に至っています。

[PR]

# by jugeme | 2016-11-20 20:34 | Trackback | Comments(2)

神護寺

お天気怪しい雨上がりの中、神護寺に行ってきました。
曇天で観光客も思ったほどではなかったのですが、今回はJRバスにて行くべく駅に向かいましたら
やはり列を作って待っていました。それでも臨時バスが出ていてスムーズに座ることも出来ました。

以前にも何回か訪れたお寺ですが、ここ数年は遠のいていて、階段の多さにこんなはずじゃなかったと
足の衰えも感じる瞬間でした。
それでも見ごたえ十分の紅葉に迎えられて、堪能してまいりました。

ギャラリーにたくさんの写真を載せています。m(__)m


e0128863_00372719.jpg


e0128863_00380252.jpg


e0128863_00383594.jpg


e0128863_00390739.jpg




[PR]

# by jugeme | 2016-11-20 00:39 | Trackback | Comments(0)

紅葉狩り

花散歩の会から「湖東三山 西明寺」と「びわ湖のローズガーデン」を見てきました。
西明寺の紅葉は今が最高の見頃で心ゆくまで堪能しました。
ローズガーデンはやはり秋庭らということで華やかさにかけてちょっと寂しさが漂っていました。

ギャラリーにこれ以外の写真を纏めました。お時間んのあるときに見てください。

e0128863_15111552.jpg



e0128863_15114522.jpg




e0128863_15134930.jpg



[PR]

# by jugeme | 2016-11-18 15:14 | Trackback | Comments(2)

吉野草=クサヤツデ

吉野草とクサヤツデが同じものということを最近知った。
それがいま咲いている。
e0128863_10563607.jpg




e0128863_10580906.jpg


黄色のピラカンサ
e0128863_10593731.jpg


ヤツデの花はこれからかな
e0128863_11090852.jpg



[PR]

# by jugeme | 2016-11-16 11:09 | Trackback | Comments(2)

旧三井家下賀茂別邸

重文に指定された「旧三井家下賀茂別邸」を観てきました。
三井家11家の共有の別邸として三井北家10代三井八郎右衛門高棟によって建築され、
昭和24年に国に譲渡されてからは平成19年まで京都家庭裁判所の所長宿舎として利用されていたそうです。
主屋のほかに茶室が別に設けられ、主屋の三階には展望台ならぬ望楼がありました。

庭から主屋を臨む
e0128863_11030032.jpg



e0128863_11051396.jpg

主屋から庭を臨む
e0128863_11064783.jpg


池から茶室を臨む
e0128863_11074733.jpg



まだ続きます その後下賀茂神社を歩きました。
[PR]

# by jugeme | 2016-11-13 11:15 | Trackback | Comments(2)

またまた花展

この時期は花展が重なるもので今回は池坊展を見てきた。
重厚な立花から現代風なものまで、花器とともに見て楽しんできた。
e0128863_20211544.jpg



e0128863_20214753.jpg



e0128863_20220815.jpg


e0128863_20224383.jpg


e0128863_20230808.jpg



More   まだまだアップ中
[PR]

# by jugeme | 2016-11-11 20:26 | Trackback | Comments(2)

ミセバヤ

先日の早朝の空
e0128863_09365662.jpg




ミセバヤが見頃
e0128863_09372190.jpg




e0128863_09385047.jpg




e0128863_09391373.jpg



e0128863_09392824.jpg





[PR]

# by jugeme | 2016-11-09 09:39 | Trackback | Comments(0)