<   2017年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ミニショウジョウバカマ

今日は穏やかな一日でした。
きっと桜の開花便りも聞こえるかも!

ミニショウジョウバカマが咲いている。

e0128863_20430877.jpg


e0128863_20432442.jpg

ミニラッパスイセン
e0128863_20451099.jpg


e0128863_20453315.jpg



ジョルジュ シムノン (著) 「メグレと老婦人の謎」を読んだ。
推理小説を立て続けに読んでいるが、作家が変わると表現も違って興味深い。




[PR]

by jugeme | 2017-03-29 20:46 | Trackback | Comments(0)

寒そう

今朝は日差しもあるが雲も多く、風が木々を揺らしていて寒そう!
窓から見る限りでまだ外に出ていない。(^^ゞ

桜の開花もささやかれるが、花もちょっと二の足を踏んでいることだろう。

庭では菫の花が

e0128863_10045351.jpg



スノーフレークも一輪顔を出し

e0128863_10054133.jpg



ヤブレガサも出てきた。
e0128863_10062128.jpg





アガサ クリスティー (著)「象は忘れない 」を読んだ。
これも面白かった。

e0128863_10092966.jpg


[PR]

by jugeme | 2017-03-27 10:07 | Trackback | Comments(4)

ハス鉢

毎年咲いてくれるハスの花。
今日は穏やかな日になって、懸案のハスの植え替えを行った。
鉢植えのハスは毎年植え替えるのがコツと聞いているので、古い根っこを取り除き
荒木田土やケト土などを混ぜて新しく植え替えた。
大きな鉢で植え替えは一苦労だが、花が咲けばその苦労も報われるというもの。
この夏もきれいな花を夢見て作業終了。

葉先が三つに割れた金魚葉侘助

e0128863_12242587.jpg





e0128863_12243310.jpg



乙女ツバキ
e0128863_12262837.jpg



e0128863_12263538.jpg


春欄
e0128863_12274799.jpg


アガサ・クリスティー (著) 「邪悪の家」を読んだ。
気楽に楽しめる推理小説。結構はまっている。
e0128863_12324940.jpg
今夜は二夜連続で「そして誰もいなくなった」のドラマも始まるのでワクワクしている。



[PR]

by jugeme | 2017-03-25 12:33 | Trackback | Comments(0)

梅と桜

風邪をひいて二週間以上経つがちっともすっきりしない。
咳は大分落ち着いてきたが、体がシャンとせず、ぐずぐず家で過ごしている。
薬のおかげでちょっと気分も良くなって散歩してみるが、後が疲れる。
外では梅も早咲きの桜も咲いているというのに情けない。

e0128863_19412984.jpg


e0128863_19415576.jpg



e0128863_19462131.jpg

アガサ・クリスティー他13名著 中村保男訳「漂う提督」とグレッグ・アイルズ (著) 「魔力の女」を読んだ。
「漂う提督」は1930年代の有力作家13人が長編探偵小説をリレーして書いていくというスリリングな話。
それぞれの推理も面白い。「魔力の女」は怪奇なサスペンスというかサイコポラーというジャンルなのか、後味が悪かった。
e0128863_19453113.jpg




[PR]

by jugeme | 2017-03-22 19:47 | Trackback | Comments(0)

名前がわからない花

ネームプレートの文字が消えてしまって名前がわからない花。
シラーとも、スプリングスターとも読めるが検索してもヒットしない。
丈が5センチほどの小さな花。
e0128863_19275283.jpg




e0128863_19280500.jpg



マツバウンランも咲いている。
e0128863_19311993.jpg
  



e0128863_19320150.jpg
  




アガサ クリスティ著「ABC殺人事件」ロナルド ハーウッド (著)「戦場のピアニスト」
シェイクスピア (著)「じゃじゃ馬ならし 」を読んだ。
ABCはちょっとこじつけがましい内容だが、推理を楽しみ、ピアニストはあまりの理不尽さに涙し
じゃじゃ馬は原作を読んで納得した。
e0128863_19195758.jpg

[PR]

by jugeme | 2017-03-18 19:32 | Trackback | Comments(6)

講演会

先週、所属しているシニア大学の講演会で京都の写真家 水野克比呂氏の話をお聞きした。
映像を見乍らどんな視点や条件で撮られているかを説明されていた。
その時戴いた絵ハガキから
e0128863_19375306.jpg



パンジー
e0128863_19505398.jpg


森見 登美彦 (著) 夜行を読みました。

それぞれの体験談は面白かったが、イマイチ時間の連鎖がつながらなくて困った。

e0128863_19475074.jpg


[PR]

by jugeme | 2017-03-12 19:51 | Trackback | Comments(2)

ユキワリソウ

このところまた寒さが戻っていて、風も冷たい。
雨はあまり降らないので、鉢物の土が乾燥状態でこの時期も水やりをしないといけない。

ユキワリソウはまだ元気の咲いている。

e0128863_15442811.jpg



クリスマスローズ
e0128863_15443836.jpg


タネツキバナ
e0128863_15524922.jpg



星奏なつめ著 「チョコレート・コンフュージョン」 第22回電撃小説大賞・メディアワークス文庫賞受賞作を読んだ。

疲れたときに笑えて泣けるラブコメ小説。そのままだった。

e0128863_15533450.jpg


[PR]

by jugeme | 2017-03-08 15:54 | Trackback | Comments(2)

とんだ一日

朝から穏やかに晴れて、午前中は花の手入れに明け暮れ、メダカの水槽を洗ったりして楽しんだ。
水槽は濁っていて底も見えないくらいだったが、メダカを別の水槽に移していくと、
なんとよく肥えたものたちが次々顔を出し良く元気でいてくれたと感激のご対面だった。
その後お昼からは用事で出かけたのだが、自宅のシャッターで頭を思いきりぶつけるし、
乗った自転車がパンクしていて慌てて自転車屋に行って直してもらったり、
思わぬハプニングがあって慌ててしまった。

庭の手入れ中に見つけたヒナソウ

e0128863_15421533.jpg




ピンクネコヤナギ
e0128863_20071818.jpg



『このミステリーがすごい! 』大賞作家 書き下ろしBOOK vol.15 を読んだ。
完結作もあったが半分近くは途中で終わっていて消化不良だった。

e0128863_19574187.jpg

[PR]

by jugeme | 2017-03-04 20:07 | Trackback | Comments(6)

ペンダント

数年前まで作り続けていた銀粘土の製品、たまたま一袋の銀が余っていたので
今回はシート状に伸ばして型押しし、ペンダントに仕上げた。
小型の電気がま(銀用)の調子が悪かったので、以前持っていたポット型の炉で焼いたが
遜色なく仕上がった。
e0128863_16473387.jpg



バイカオウレン
e0128863_16563959.jpg



e0128863_16565401.jpg








[PR]

by jugeme | 2017-03-03 16:57 | Trackback | Comments(0)

茶畑

茶畑の景観で有名な和束町を訪ねそのスケールの大きい茶畑を見学しました。
その後茶を使ったお昼のごちそうを戴き、宇治田原町に移り、湯屋谷集落を通って
八代将軍治世に現代のような緑茶を広めた「永谷宗円の生家」に立ち寄りました。
横には「茶宗明神社」も祭られ、その奥に「永谷園本舗」の創始者の碑もあり、色々と歴史を感じてきました。


ギャラリーに写真纏めました。お時間のあるときに見てください。
e0128863_20081127.jpg




e0128863_20085407.jpg




e0128863_20091342.jpg




e0128863_20095620.jpg






[PR]

by jugeme | 2017-03-01 20:10 | Trackback | Comments(0)