折々の京ことば

すいば


一人だけで遊ぶ場所。大切なものを隠しておく秘密の場所。
子供たちの遊ぶ秘密基地。「あそこは瞳ちゃんのスイバや」。「好き場」から。
「あの山には玉虫のスイバがあった」のように「好む場所」を指した。
「あの人はスイナ着物着やはって、よう似合うたはるわ」のスイナは、粋な、
玄人向きの意味。スキ「好き・数寄」からか。
スイ(推)して知るという意味からとも。
丹波ではスイットともいう。


                  堀井令以知著「折々の京ことば」より



花イカダ
e0128863_15141798.jpg

[PR]
# by jugeme | 2008-11-20 15:14 | 京ことば | Trackback | Comments(0)

折々の京ことば

へつる


少量を削り取る。「このご飯ちょっと多すぎるしヘツッといて」。
ヘズルとも。ハツル(削る)と同系。
鎌倉時代の辞書「塵袋」には「カタハシヲへギトルヤウナル事ヲ、へツルト云」とある。
うわまえをはねることにもいう。
「ようけお菓子もろたし、ちょっとだけへツッテもええやろか」。
うわまえ(上前)は上米(うわまい)の変化した形。
もとは、寺社へ寄進した米のことであった。



                      堀井令以知著「折々の京ことば」より



サクラタデ
e0128863_151812.jpg

[PR]
# by jugeme | 2008-11-20 15:01 | 京ことば | Trackback | Comments(0)

折々の京ことば

なまくら


ごまかし。嘘。「ナマクラして頼りない男や」。
鈍なこと、のらくらの意味も。「なま暗い」の省略で、なんとなく暗いところにある状態から。
ニブイとウスイを組み合わせてニスイという。
「あいつはニスイことしよる」と。狡猾な、いやらしいの意。
ぐずぐずして態度のはっきりしないさま、むだに時間を費やすことは
ノンベンダラリと言うが、ノンベンは「延びる」から。
ダラリは緩慢怠惰の形容。


                   堀井令以知著「折々の京ことば」より


ハクチョウゲの花
e0128863_22284217.jpg

[PR]
# by jugeme | 2008-11-18 22:29 | 京ことば | Trackback | Comments(0)

折々の京ことば

ほげた


口答え。「親にホゲタたたくな」。「頬桁」から。
頬骨を動かすさまから、口答えをするのを罵っていう。
頬をホベタ、ホーベタとも。「日葡辞典」にはホウゲタとある。
ひどく悪くいうことはボロクソで、幕末ごろから使われた。
全く困難のないことを無価値と見なして、いとも容易なの意味に変わった。
「そんなんボロクソや、まかしとき」。ボロは襤褸から。
ボロカスともいう。


                       堀井令以知著「折々の京ことば」より


フジバカマ
e0128863_2294732.jpg

[PR]
# by jugeme | 2008-11-18 22:10 | 京ことば | Trackback | Comments(0)

折々の京ことば

べべた


びり。最後。最下位。
「運動会で走ったけどべべタやった」。
ベタは「柿のヘタ」のヘタ(端)、「尻臀」のベタと同系。
ベタを強め、頭音を重ねてべべタとした。
べッタ、べべタコ、べべチャ、べべチャコとも。
丁寧にいうとオベタ。ドンケツも「びり」のこと。
「負けてばっかり。またドンケツや」。ドンは罵りの意味の接頭辞。
ケツは尻。ケツは墓穴のケツのように、もとは穴のことであった。


                   堀井令以知著「折々の京ことば」より


ノコンギくとシジミ蝶
e0128863_220305.jpg

[PR]
# by jugeme | 2008-11-18 22:00 | 京ことば | Trackback | Comments(0)

折々の京ことば

ひちくどい


「くどい」を強めていう。「いつもヒチクドイことを言う」。
京都ではシチをヒチという。質屋をヒチヤ、七条をヒッチョーのように。
「ヒチ面倒臭い」「ヒチむつかしい」のヒチ(しち)も程度を超えているの意の接頭語。
ほかに「ふとんをヒク」「ヒツレイ(失礼)」など。
ヒチリケッパイ(七里結界)は魔性が入り込まぬよう七里四方に境界を設けることで、
嫌って寄せ付けないということわざである。   


                   堀井令以知著「折々の京ことば」より


イワショウブの花
e0128863_11155935.jpg

[PR]
# by jugeme | 2008-11-14 11:16 | 京ことば | Trackback | Comments(4)

折々の京ことば

まどう


元どおりにする。償う。弁償する。
「そんなええもの壊してしもてマドワンならん」「前のとおりにマドーてや」。
「全く、返す」という意味から。「迷う」からという説、「円う」からとの説もある。
「東海道中膝栗毛」には「もとのとおりにまどうてかへしや」とあり、
「俚言集覧」には「まどふ、惑を訓(よめ)り、又俗に賠償をまどうという、
賠還也」と。マドウよりもマドス(弁償する)を多く使用するようになった。


                    堀井令以知著「折々の京ことば」より

ゴウヤボウキの花
e0128863_117238.jpg

[PR]
# by jugeme | 2008-11-14 11:07 | 京ことば | Trackback | Comments(0)

折々の京ことば

まけ


月経。御所ことば。「設(ま)く」に基づく。マクは心構えをして時期を待つの意。
サシアイ(差し合い)とも言った。御所では月経中の女房は供御・調度に
手を触れなかったことから、宮廷の日記には月経中の女官はテナシ(手無し)
と記される。供御は天皇の召し上がるご飯のこと。
御所ことばで目上の人の飯はオバンで、「オバンをあがしゃりますか」という。
自分のは「御」を付けずにハン(飯)。


                     堀井令以知著「折々の京ことば」より


ツリフネソウ
e0128863_1055872.jpg

[PR]
# by jugeme | 2008-11-12 21:10 | 京ことば | Trackback | Comments(3)

折々の京ことば

へどもど


物を言うのに詰まるさま。「あわててヘドモドしてんのか」。
あわててまごつくさま。しどろもどろ。ヘドは反吐、モドは躊躇するの意の
「惑い
」に基づくか、あるいは「戻す」の意味か。
シドロモドロのシドロはとりとめのないさま、モドロは乱れて紛れるさま。
マダラ(斑)と同系の語。「マット大きいのをおくれ」とモットをマットと言うのは
江戸時代の安原貞室「片言」にも記されている。

              
                     堀井令以知著「折々の京ことば」より

ヤマラッキョ
e0128863_20491180.jpg

[PR]
# by jugeme | 2008-11-12 21:03 | 京ことば | Trackback | Comments(0)

折々の京ことば

まけ


月経。御所言葉。「設(ま)く」に基づく。マクは心構えをして時期を待つの意。
サシアイ(差し合い)とも言った。御所では月経中の女房は供御・調度に手を
触れられなかったことから、宮廷の日記には月経中の女官はテナシ(手無し)と記される。
供御は天皇の召し上がるご飯のこと。御所ことばで目上の人の飯はオバンで
「オバンをあがしゃりますか」という。自分のは「御」を付けずにハン(飯)。


                        堀井令以知著「折々の京ことば」より




サクラタデの花
e0128863_20594499.jpg

[PR]
# by jugeme | 2008-11-12 21:00 | Trackback | Comments(0)