折々の京ことば

あめさん

飴。食べ物にも「サン」を付ける。
芋を「お芋サン」と「オ~サン」を付けて丁寧にいう。
粥を「オかいサン」、豆を「オ豆サン」、揚げ豆腐を「オあげサン」、卵を「オたまサン」。
飴は母音アで始まり「オあめサン」と言いにくいのでアメサンである。
しかし、昔は京都御所では「鮎」に「御」を付けて「御鮎」の表記が多く見られた。
アメサンをアメチャンというのはより親愛の気持ちが移ったのであろう。


                堀井令以知著「折々の京ことば」より

毎日鬱陶しい日々が続いている。
まさに梅雨なのだが・・・
ビョウヤナギの繊細さが気に入っている。
e0128863_734420.jpg

[PR]

# by jugeme | 2008-06-23 07:04 | 京ことば | Trackback | Comments(0)

折々の京ことば

いかれこれ

してやられたかたち。打ち負かされた格好。参った。
「ほんまにイカレコレや」。イカレルからイカレコレを作った。
イカレコロともいう。イカレコレは「コロッとイカレテしもた」の「コロッ」と「イカレ」を
転置した形であろう。イカレルはしてやられる、先手を打たれるの意味。
「あんなこと言われて、先生も生徒にイカレテルやないか」
「あいつにうまいことイカレテしもたわ」。


               堀井令以知著「折々の京ことば」より


先日行った白川郷
e0128863_22243062.jpg

[PR]

# by jugeme | 2008-06-21 22:24 | Trackback | Comments(2)

折々の京ことば

おきばりやす

精出してがんばってください。
「よう勉強しやはりますな、オキバリヤス」。
キバルは「気張る」からで、もとは息をつめて力むこと。
「オ~ヤス」の構成で敬意を示す。
仕事をしている人に呼びかけるあいさつことば。
祇園花街では、舞妓・芸妓をお座敷に送り出すときに、子万屋の女主人が
「オキバリヤッシャ」という。「キバッタハリマスナ」と呼びかけることがある。
やや皮肉を込めて受け取ることもある。


            堀井令以知著「折々の京ことば」より


先日通った白山スーパー林道からの景色
e0128863_2274161.jpg

[PR]

# by jugeme | 2008-06-21 22:10 | 京ことば | Trackback | Comments(0)

折々の京ことば

おため

贈り物を受けたときに出す返礼の品。
贈り物を持参した人「ちょっと待っておくれやす。オタメいれさせてもらいますよって」
といい、オタメガミを進物の盆の上に載せて渡した。
オタメガミは半紙を二枚四つ折りにしたもの。
かつて京都御所ではオトビ、トビと言った。
宮廷の公式日記「お湯殿の上の日記」にも記される。オウツリともいう。
オツリと同じく釣り合いを保つの意味からである。

            
                堀井令以知著「折々の京ことば」より


アジサイもこの時期の主役
e0128863_11202154.jpg

[PR]

# by jugeme | 2008-06-19 11:20 | 京ことば | Trackback | Comments(2)

折々の京ことば

かんがえときまっさ

「考えておきますよ」の意で、他人に物事を依頼しに行ったとき
「カンガエトキマッサ」と言われる。しかし、相手が実際に依頼の用件について、
親身に考えてくれているものと期待するわけにはいかない。
「京のお口別嬪」といって、口先では穏やかに婉曲の表現をすることがある。
買い物に行って、店で「またにしまっさ」と言うのも、相手を傷つけない配慮であろう。
実際は次に買ってくれる保証はない。


           堀井令以知著「折々の京ことば」より

梅雨時にはツユクサが似合う
e0128863_11112212.jpg

[PR]

# by jugeme | 2008-06-19 11:11 | 京ことば | Trackback | Comments(0)

折々の京ことば

くちなわ

蛇。「この頃は都会で、クチナワ見かけんようになったな」。
クチナとも。クチは朽ちること。
クソヘビのクソ(糞)と同じように、クチ(朽ち)は、ののしり、憎む意味の接頭語。
クチナワのナワは古語「ナブサ(青大将)」が変化し存続した形である。
江戸時代後期の辞書「丹波通辞」には、茶色の蛇を「なぶそ」というとある。
クチナワはもと有害な蛇を指したが、後に蛇の総称となった。

              堀井令以知著「折々の京ことば」より


空梅雨かしらと思っていたら、今朝はシトシト降り出した。
この一週間は雨模様でうっとうしいらしい。

山野草を色々購入したらおまけでいただいた岩タバコ
e0128863_112035.jpg

[PR]

# by jugeme | 2008-06-19 11:02 | 京ことば | Trackback | Comments(0)

折々の京ことば

おいえ

座敷。「オイエ上って遊んでばっかりいんと、かど(外)で遊んどいで」。
オイエは「お上《うえ》」ということからで、使用人が言い始めた。
この場合のイエは家の意味ではない。
町屋の家庭の主婦を大阪でオイエサンというのも「お上様」からで、
東京のオカミサンと同種の命名法。
座敷は昔は板張りで、しとね・円座などを敷いて坐った。
座を敷くから座敷であった。
畳はもと敷物の総称でたたむことができた。

                   堀井令以知著「折々の京ことば」より

ハーブ園のバラ
e0128863_7281466.jpg

[PR]

# by jugeme | 2008-06-16 07:28 | 京ことば | Trackback | Comments(0)

折々の京ことば

いもとのよめいり

イモトノヨメイリ(妹との嫁入り)とは、値段と相談する事。
西陣織の職人ことば。妹との嫁入りには、姉と相談して決める習慣があるのでいう。
姉をネーというから値段の値(ネー)とかけた。
京都ではネをネーと長く、妹をイモトと短く言う。弟はオトトである。
西陣の職人がデッチノウナギというのは「鰊」のこと。
昭和初期に丁稚は粗食に耐え、月の一日・十五日に出された鰊を
ウナギと思って食べたという。

                   堀井令以知著「折々の京ことば」より

ハーブ園で。バラのアーチとバラが見ごろだった。
e0128863_6385731.jpg

[PR]

# by jugeme | 2008-06-15 06:39 | 京ことば | Trackback | Comments(0)

折々の京ことば

ねき

そば、近くのことをいう。
「もうちょっとネキに寄ってんか」「車のネキで、うろちょろすんな」。
「根際」という語から、ネキとなった。
根際は「草木の根の近辺」ということで、室町時代のことばを集めた日本語・ポルトガル語
「日葡辞書」に記載されている。
ネキとよく似たハタも、そば・端の意味で用いるが、
「ハタから口を出す」とはいうが、「ネキから」とはいわない。

                   堀井令以知著「折々の京ことば」より


先日行った北陸の手取川ダムの風景
e0128863_6282226.jpg

[PR]

# by jugeme | 2008-06-15 06:29 | 京ことば | Trackback | Comments(0)

折々の京ことば

よろしおあがりやす

ヨロシオアガリとも。どうぞ召し上がってください。
食事をいただく人に向かっていう。「ごっつぉよばれますわ」
「ヨロシオアガリヤス」。食後にもいう。
「おーきに、ごっつぉはんどした」「ヨロシオアガリヤす」。
この場合、「お粗末でした」の意味を含む。
ヨロシをヨロシューとも。「よろしい」のもとは「寄らし」からで「寄る」の意味があった。
室町時代にアガルは高位の人の食事が終わることにいった。

             堀井令以知著「折々の京ことば」より

ミリオンスターがまた復活して咲きだしました。
e0128863_717984.jpg

[PR]

# by jugeme | 2008-06-14 07:17 | 京ことば | Trackback | Comments(0)