<   2018年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

花器

御所車風の花器を作り庭の花を入れて見ました。

e0128863_06583302.jpg




二作目

e0128863_06591221.jpg


e0128863_06593825.jpg





三作目

e0128863_07010175.jpg



[PR]
by jugeme | 2018-07-30 07:01 | Trackback | Comments(0)

庭の花


台風、こちらは無事通り過ぎました。
皆様のところでも、これ以上の被害が出ないことを祈ります。
まだまだ元気なレンゲシヨウマ

e0128863_10051582.jpg




キンミズヒキ

e0128863_10060475.jpg




キキョウ

e0128863_10062322.jpg


e0128863_10063527.jpg




ブルールリマツリ

e0128863_10073206.jpg




ネムノキ

e0128863_10064809.jpg


[PR]
by jugeme | 2018-07-29 10:07 | Trackback | Comments(2)

庭の花

マツカゼソウ

e0128863_06281953.jpg



ルリマツリ

e0128863_06293885.jpg



シラサギカヤツリ

e0128863_06300294.jpg


[PR]
by jugeme | 2018-07-27 06:30 | Trackback | Comments(0)

庭の花

シラヒゲソウ

e0128863_19533138.jpg


e0128863_19534838.jpg


暑い時期ですが来週から三条の文化博物館で展覧会が始まります。
今回は無料で入れますのでお誘いあわせの上ご来場をお待ちしています

e0128863_19550052.jpg



[PR]
by jugeme | 2018-07-24 19:55 | Trackback | Comments(0)

庭の花

ツリガネニンジン

e0128863_19430890.jpg


e0128863_19453189.jpg



タマスダレ

e0128863_19441099.jpg



カリガネソウ

e0128863_19444663.jpg




若竹千佐子 (著) おらおらでひとりいぐも 第158回芥川賞受賞 を読んだ。

方言を駆使して心のうちの過去現在の気持ちを言の葉で表現した珍しい作品だった。



[PR]
by jugeme | 2018-07-23 19:47 | Trackback | Comments(0)

庭の花

毎年手入れをしているおかげで咲いてくれるレンゲシヨウマ

e0128863_11320152.jpg




e0128863_11321521.jpg



キンミズヒキも咲いている

e0128863_11330382.jpg


e0128863_11333342.jpg




ハスも何個か咲いて

e0128863_11343629.jpg


e0128863_11351863.jpg


e0128863_11354408.jpg




松尾 スズキ (著) もう「はい」としか言えない を読んだ。
最初の浮気がばれた展開からフランスに飛んで、繰り広げられる謎の世界 話が現実離れしていて面白い。



[PR]
by jugeme | 2018-07-21 11:37 | Trackback | Comments(2)

えんぺいとう

村上で立ち寄った処に「えんぺいとう」と銘打ったコンペイトウがありました。
ほんのり塩っぱくてこの時期には嬉しいお土産でした。

e0128863_07213291.jpg




e0128863_07215938.jpg



金沢のゆるキャラの起き上がりこぼしです

e0128863_07240416.jpg


金沢駅前

e0128863_07243401.jpg




毎日暑い中、エアコンのきいた部屋でくつろいでいます。

e0128863_07252045.jpg


[PR]
by jugeme | 2018-07-20 07:27 | Trackback | Comments(0)

旅の途中


旅の途中、鮭の町・新潟県村上市に立ち寄り塩引き鮭を見てきました。

塩引き鮭の作り方ですが、水揚げされた鮭からまず内臓やエラを取り出します。
続けて長期間保存できるように荒塩をすり込みます。
数日間から1週間ほど置いた後、水で塩抜き、軒下などで寒風にさらします。
この時期の村上では、至るところで吊り下げられた塩引き鮭を見掛けることができ、冬の村上の風物詩になっています。
ちなみに頭を下にするのは村上独特の吊り下げ方。
城下町だった村上では、鮭でさえもお殿様に頭を高く出来なかった、というのがその理由と言われています。

e0128863_12304701.jpg



館内は独特のにおいが漂います

e0128863_12310891.jpg




ちなみにこれらの鮭はすべてオスだそうです
メスは卵に栄養を取られていて、適さないそうです

e0128863_12312479.jpg


館内

e0128863_12315208.jpg


e0128863_12323711.jpg




翌日はいろいろ見て回り酒田まで下りてきて、

e0128863_12340923.jpg


e0128863_12341612.jpg


e0128863_12342768.jpg



老舗で日本海の幸を使った特上ずしを戴きました。

e0128863_12343418.jpg

e0128863_12344211.jpg


[PR]
by jugeme | 2018-07-18 12:37 | Trackback | Comments(0)

月山

三日目も早朝より月山弥陀ヶ原を目指しました。
下界は曇りで時々日も差していましたが山の上はやはり視界が悪く山々の景色は拝めませんでした。
それでもたくさんの花に出会えて良かったです。
高山植物の名前はガイドさんが説明してくれましたが
右から左に抜けてしまって、わからないものや間違ったものもあるかも知れません。
お気付きな点があれば教えていただければ幸いです。

ギャラリーにまとめて載せています。m(__)m

e0128863_16191608.jpg

ニッコウキスゲとコバイケソウ


e0128863_16213733.jpg

イワカガミ


e0128863_16241935.jpg

アサヒラン


e0128863_16252356.jpg


e0128863_16265308.jpg




あ、イモリ!

e0128863_16210249.jpg


[PR]
by jugeme | 2018-07-17 16:27 | Trackback | Comments(0)

元滝伏流水と丸池様

獅子ヶ鼻湿原の後に訪れたのは元滝伏流水。
平成の名水百選に認定され、木々に囲まれた傾斜面から地表に湧き出る水量が豊富でマイナスイオン満載でした。

e0128863_11024670.jpg

e0128863_11030447.jpg



次は鳥海ブルーラインを五合目・鉾立まで上り本来ならば展望台から、
日本海が一望でき、奈曽川が深い樹林の下を流れるV字型の奈曽渓谷を眼下に見ることが出来るのですが
この日は深い霧の中、5m先も見ることが出来ませんでした。 涙

e0128863_11032672.jpg


気を取り直してこの後鳥海山麓・丸池様の池を見てきました。
鳥海山大物忌神社の境内地であるため手付かずで、直径20メートル、水深5メートル、鳥海山から湧き出る湧水だけで満たされた池で、
水の色は一部幻想的なエメラルドグリーンで底の方からボコボコと水が湧いている様子が見られました。

e0128863_11040712.jpg


ギャラリーに元滝伏流水と丸池様を載せています。m(__)m


[PR]
by jugeme | 2018-07-16 11:05 | Trackback | Comments(0)